地震保険料控除

地震保険料控除
地震保険料控除とは、平成18年度税制改正によって損害保険料控除が2006年(平成18年)12月に廃止されるのを機に、2007年(平成19年)1月から始まった「所得控除」のことで、「1月1日〜12月31日」までの間に地震保険料を支払った場合に、その年の契約者(保険料負担者)の課税所得から一定額を控除、差し引くことができる制度です。


地震保険料控除は、従来の損害保険料控除よりも控除額を引き上げ、地震保険の加入率を高めるのが大きな目的となっています。


 地震保険料控除の控除額



地震保険料控除の控除額は以下の通りとなっており、従来の損害保険料控除の控除額よりも控除額が引上げられています。


・所得税:「最高1万5千円(損害保険料控除)⇒5万円(地震保険料控除)


・住民税:「最高1万円(損害保険料控除)⇒2万5千円(地震保険料控除)


控除額は所得税率によって異なります(所得税率10%の方は、「5万円×10%=5,000円控除」となります)。


 地震保険料控除の適用要件



・所得税:2007年(平成19年)以降
・住民税:2008年(平成20年)以降


地震保険料控除は上記以降の契約に適用され、2006年(平成18年)末までに契約された長期損害保険契約(契約期間が10年以上で満期返戻金があるもの)の場合は、基本的に従来の損害保険料控除の対象となりますが、地震保険料控除と損害保険料控除を合計して、「所得税5万円・住民税2万5万円」が控除額の上限となります。


 地震保険料控除の申告



地震保険料控除を受けるには、損害保険会社から送付された書類(支払金額や控除を受けることを証明する書類)を添付して確定申告するか、年末調整で控除を受けます。




地震補償保険が月額1,210円〜

地震補償保険Restaは、火災共済、火災保険(+地震保険)に加入している方も加入できる『地震が原因である被害』が補償範囲のシンプルな保険です。