損害区分「全損・大半損・小半損・一部損」

地震保険と損害区分
地震保険で支払われる保険金は、「建物・家財」の被害の程度によって「全損・半損・一部損」の3段階の損害区分に分けられていましたが、2017年1月1日より「全損・大半損・小半損・一部損」4段階に細分化され、この損害区分によって支払われる保険金額が決まっています。




 損害区分「全損・大半損・小半損・一部損」



損害区分 被害の程度 支払われる
保険金額
全損 建物
主要構造部の損害額が、建物の時価の50%以上、または焼失、流出した床面積が建物の延床面積の70%以上

契約金額の100%
※時価が限度
家財
損害額が家財の時価の80%以上

大半損 建物
主要構造部の損害額が、建物の時価の40%以上50%未満、または焼失、流出した床面積が、建物の延床面積の50%以上70%未満

契約金額の60%
※時価の60%が限度
家財
損害額が家財の時価の60%以上80%未満

小半損 建物
主要構造部の損害額が、建物の時価の20%以上40%未満、または焼失、流出した床面積が、建物の延床面積の20%以上50%未満

契約金額の30%
※時価の30%が限度
家財
損害額が家財の時価の30%以上60%未満

一部損 建物
主要構造部の損害額が、建物の時価の3%以上20%未満、または建物の床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水を受け損害が生じた場合で、その損害額が全損・半損に至らない場合

契約金額の5%
※時価の5%が限度
家財
損害額が家財の時価の10%以上30%未満



「全損・大半損・小半損・一部損」の認定は、地震保険損害査定指針にしたがって行われます。


主要構造部とは、「土台、柱、壁、屋根」などのことです。




地震補償保険が月額1,210円〜

地震補償保険Restaは、火災共済、火災保険(+地震保険)に加入している方も加入できる『地震が原因である被害』が補償範囲のシンプルな保険です。